【裁ち落としについて知ろう】

裁ち落としとは「裁ち切り」と同義。印刷や製本の場合は、不要となる部分を切り落とし、
目的の大きさに整えること。
目的の大きさは、トンボを目安として切り落とします。

出版の用語としての「裁ち落とし」は、製本の段階で最終的にきれいな状態にするために
裁断することを言います(化粧裁ち)。
この場合もトンボを目安としますが、中綴じ等で誤差が生じる場合はこの限りではありません。

製版・印刷の場合は、「裁ち切り」と同様、仕上がりサイズいっぱいに印刷したい場合、
3mmの「ドブ」を設け、そこまで「塗りたし」を行いますが、この「塗りたし」部分を
指す場合があります。

img_index_03_01



【裁ち落としと印刷の関係】

一般的な印刷用データは、仕上がりサイズよりも天地左右を約3mm大きく作ります。
この3mmを指定しているのが「トンボ」です。
この3mmを紙を切り落とすことを「裁ち落とし」と呼び、断裁される領域を
「裁ち落とし」「塗り足し」「ドブ」と呼びます。

特に、仕上がりサイズいっぱいにベタやデザインを印刷したい場合は、
塗りたしを行う必要があります。
そうすることで、断裁がずれた場合も、白く残ることがなく綺麗に
仕上がりサイズいっぱいにインキが乗っています。

なぜこの「裁ち落とし」を必要とするのかというと、印刷する際は例えばA4サイズの
印刷物を印刷したい時、A4サイズの紙に1枚1枚印刷しているわけではなく、
大きな紙にトンボを設定したデータを何枚も並べて(面付け)、
一気に印刷し、まとめて断裁します。

その時、どうしても断裁のズレが生じます。
そのズレが出てもデザインに問題がないように設定しているのが、「裁ち落とし」なのです。

また、トンボを設定し、裁ち落とし部分を足した時に、画面上では大きく見えるので
デザイン部分も大きくしてしまいがちです。
しかし、断裁は外側だけにずれるわけではなく、内側にもずれる可能性があります。

そこで、内側にも「余白」を作成する必要があり、これは外側の塗りたしよりも
大きい四方5mm必要とされています。
デザインする時には、この「余白」部分も考えて行う必要があります。

Illustratorで制作する場合は、「トリムマーク」で裁ち落しを設定することが出来ますが、
Photoshopで印刷データを作成する場合で塗りたし部分が必要なときは、
最初から「裁ち落とし」範囲を足した大きさで制作が必要です。
トンボは必要ないところが多いようですが、詳細は印刷会社に問い合わせるのが良いでしょう。




ご意見、ご要望などございましたらコチラまで、是非ご連絡ください。

〒540-0005 大阪市中央区上町1-19-4 北東工業株式会社 プリントビズ事業部
メールアドレス:info@printbiz.jp
フリーダイヤル:0120-132-768(インサツ ナラバ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ