営業マンにとって、名刺は自分を売り込むために欠かせないツールのうちの一つですね。
載せるべき基本情報は会社名・役職名・個人名・会社の住所・会社と個人の電話番号・メールアドレスです。

既にお互いをよく知っている、あるいはよく知らなくても人柄に好印象を持ってもらえているのなら、この情報だけで十分かもしれません。
しかし、初めて会う人が相手ならば、少し営業力に欠けるように思えます。

あなたのことを何も知らない人からすれば、それは「あなた」の名刺ではなく「取引先の担当者」の名刺でしかないからです。
つまり、用がなければ活用されることのないもの、とも言えます。

名刺に付加価値を

基本情報だけで名刺を渡すのは、少しもったいないですね。せっかく知り合えるチャンスなのですから、契約につなげるためにも、まず自分という人間に興味を持ってもらうことが大切です。
かといって、会社名のついた名刺にイラストや写真シールを貼りつけて、ポップな雰囲気にするわけにはいきません。

そこでおすすめなのが、基本情報にSNS情報を加えることです。
FacebookのIDやブログのURLを、メールアドレスと一緒に記載しておきましょう。名刺を両面印刷にして、裏側にQRコードを印刷しておくのも良いですね。

渡す時の営業トークの中で、相手のSNSアカウントも聞いておくと、帰社後にネット上でアプローチすることができます。
名刺にURLを記載したブログやSNSには、仕事関連の記事ばかりを書く必要はありません。
個人を売り込み、親しみを持ってもらうことが目的です。そのために、趣味の話や身近に起きた出来事を書いてくだけた雰囲気を作る方が良いでしょう。

仕事関連の記事を書く際は、営業トークにならないように注意を。
あくまで開発できた時の苦労話を語る、あるいは完成した時のチームの盛り上がり様を日記風に書く、というスタンスが大切です。記事を読んだ人が「売りつけたいのか?」と感じるのではなく「こんなに苦労してできた商品なら、見てみたい」と思うような書き方を心がけてください。

近年では仕事にSNSを用いる企業が増えてきました。名刺をSNSとリンクさせることで、そのような企業のクライアントとも距離が縮まりやすくなります。

【まとめ】

SNSアカウントやQRコードを載せるなら、用紙はアートポストやエスプリコートがおすすめです。
インキの黒色がはっきりと映るので、細かいURLやアカウント名のアルファベットが見やすいです。

フルカラー印刷なら、列記した情報のアカウント名部分だけ色を載せて、ワンポイントとしてのデザインを楽しむのも良いでしょう。
インターネットが普及した現代だからこそ、名刺に付加情報を与えて新しい活用方法と価値を見出すのも、営業マンの腕の見せ所ではないでしょうか。

ご意見、ご要望などございましたらコチラまで、是非ご連絡ください。

〒540-0005 大阪市中央区上町1-19-4 北東工業株式会社 プリントビズ事業部
メールアドレス:info@printbiz.jp
フリーダイヤル:0120-132-768(インサツ ナラバ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ