いつもプリントビズブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

こんにちは
テラモトです!


前回の記事がとてもご好評を頂きました。ありがとうございます!
そこで!今回はメタリック繋がりで、特色を使わずにカラーでメタリック感を
出す方法についてご紹介しようかと思います。
今回も最後までお付き合いくださいね(。・ω・)ノ゙
それでは、テラモトさん!ちょっと教えてよ!vol.34スタートです!


メタリック感をカラーで表現する方法は、難しそうに感じるかと
思いますが、実はイラストレータのある機能を使えば、
とっても簡単にできます。
今回は、そのイラストレータの機能を使った方法について
ご紹介いたしますね。

私が普段使用しているイラストレータはCS3なので、
CS3での機能でご紹介します。
古いなぁと思いました?でも、私にとっては一番使いやすいんですよねー。
今回の機能は、CS3以降のイラレでも搭載されていると
思いますので、機能についてはお手持ちのイラストレータにて、
お調べくださいね!

まず、下準備として下記のことを準備いたします。
イラストレータのトップに有りますメニューより、スウォッチを用意。
27)

スウォッチパレットが出ましたら、右上にあります
メニューボタンを押します。(赤い丸のところ)
スウォッチ

スウォッチメニューボタンを押すと、様々なメニューが
出てきますが、下記の画像の通り選択します。
07)

『スウォッチライブラリを開く』→『グラデーション』→『メタル』。
これで、メタルパレットが出現。
35)
すでに、金や銀のグラデーションが用意されているんですねー。
ここまでが下準備になります。

イラストレータのメタルパレットでは小さくて少し見づらいので、
別に一覧を用意しましたー。
グラデ-メタル一覧
※クリック拡大


このパレットを使えば、あっという間にメタリック感を簡単に出すことが
できるんです。

ではでは、実際にどんな物ができるのでしょうか。
例をご紹介いたしますね。
メタリックグラデ例1
※クリック拡大


このような感じで、すでにあるグラデーションを選択するだけで、
簡単にフルカラーでメタリック感を表現することができました。
上の例では、ゴールドのグラデーションの向きは左から右への
グラデーションですが、上下になるようにグラデーションの向きを
変更すれば、また違った印象になると思いますので、
色々試してみて下さいね!


いかがでしたでしょうか?
今回は、イラストレータで簡単にカラーでメタリック感を
表現する方法について、ご紹介いたしました!

ではでは、次の更新までチャオ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ