それでは、ミニ四駆の醍醐味ともいえるお待ちかねの「改造」のお時間です。

これまで私のブログで紹介してきたオススメパーツを使って、
改造を施してみましょう!

▼改造前のマシン
001
改造前
シャーシ【キット純正】S2シャーシ900円
電池ネオチャンプ(ニッケル水素乾電池)1,000円
モーター【キット付属】ノーマルモーター0円
ギヤ【キット付属】超速ギヤ0円
シャフト【キット付属】ノーマルシャフト0円
軸受け【キット付属】ハトメ0円
タイヤ【キット付属】小径タイヤ0円
Fローラー【キット付属】13mm樹脂ローラー0円
Rローラー【キット付属】13mm樹脂ローラー0円
(定価・税抜き)総額 1,900円

▼改造後のマシン
002
改造後
シャーシ【キット純正】S2シャーシ0円
電池ネオチャンプ(ニッケル水素乾電池)0円
モーター《変更あり》ハイパーダッシュモーター400円
ギヤ【キット付属】超速ギヤ0円
シャフト《変更あり》ブラック強化シャフト200円
軸受け《変更あり》620ボールベアリング1,400円
タイヤ【キット付属】小径タイヤ0円
Fローラー《変更あり》HG 19mmオールアルミベアリングローラー760円
Rローラー《変更あり》19mmプラリング付 アルミベアリングローラー660円
(定価・税抜き)総額 3,420円

ボディで見えない内面ばかりの改造なので、見た目の変化がほとんどありませんね・・
それにパーツの改造費用が元々の本体料金を軽く上回っています・・・

これで本当に速くなったのでしょうか?

さっそくテスト走行してみましょう。
今回は比較として、改造前のものと改造後のものを同時に走らせてみます。



『『『 この圧倒的な速さである! 』』』

実はこの改造したマシンのモーターなのですが、
「ハイパーダッシュモーター」ではなく「ノーマルモーター」です。

なぜかと言いますと「ハイパーダッシュモーター」にすると速度が速すぎ、
動画内の立体的に交差しているLC(レーンチェンジ)を通過するときに
まるでカタパルトのように飛び出してコースアウトしてしまいます。

お気づきの方もいるかと思いますが、ウイングのステッカーが変わっているのも、
コースアウトの衝撃でウイングの根元が折れたので、私の家にあったものと交換しています。
プラスチック・樹脂で作られているミニ四駆なので、簡単に破損してしまうのです。


今のままではLCで飛び出してしまい、完走することができません。
さらに、せっかく作ったマシンのボディが壊れてしまうことにも。。。
このLCをクリアするためにはどうしたら良いのでしょうか。



〜次回予告〜
LCで飛び出さないようにするには?「ミニ四駆の魅力〜LC対策(1)補強編〜」
003
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ