皆様、こんにちは。デトックス花ですー

今回は久々に漫画。
そしてハロウィーンも近いのでホラーものをご紹介します。
何となく、たまに、むしょーに読みたくなるホラー。

個人的にはただ怖いだけではなく、
そこに「愛」とか「無常観」とかテーマがあるとなお好きだったりします。
今回は私が今まで読んだ中でも心に残ったホラーをご紹介します。

今回の本はこちら。
原作:綾辻行人先生 作画:児嶋都先生『眼球綺譚』です。


( ̄▽ ̄;)ちょっと表紙にインパクトがありますので、
    苦手な方はブラウザバックでお願いします

















IMG_3203
「再生」「特別料理」「眼球綺譚」「鉄橋」「最後の記憶」「人間じゃない」
の全6話からなる短編ものです。
1つ1つの話にちゃんと起承転結があり、オチがうまくはまっているので、
ホラーものの感想としてはどうかと思いますが、気持ちよく読めてしまいます。

個人的には「再生」「特別料理」「人間じゃない」が面白かったです。
「再生」はホラーなんですけれど、恋愛要素が強く、
死んだ女の復活を待つ男の切なさとその結末のグロテスクさが、
何だか美しくさえ思えます。

一変し「特別料理」はホラーなんですけれど、とってもコミカルなんです。
ゲテモノ料理好きの男が妻を連れて、ゲテモノ料理専門店を訪れるのですが、
その内容がどんどんエスカレートしていき・・・という話です。
オチも可愛くポップな雰囲気さえあるのに、よく考えると、
ぞっとする緩急のつけ方が絶妙だと思います。

「人間じゃない」はちょっとしたどんでん返しが気持ちよく、
そういうオチかー、と思うと同時に襲い来るどうしようもない状況に
清々しささえ感じます。

原作の綾辻行人先生はミステリー界では知らない人はいないほどの
有名作家さんなので、ストーリーのクオリティは折り紙付きですね
(デトックスはそれほど読んだことがないのですが)

作画担当の児嶋都先生の絵が美しく、
世界観に合っているのが、相乗効果を与えていると思います。
ホラーって私は1回読むと満足しちゃうんですけど、
この話は何度も読んでしまいますデヘ

さくっと読めるけれど、どこか心に残るそんなホラー。
是非、一度お試しください。

それでは今回はこの辺で。
ご清覧ありがとうございますー
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ