前回装着したブレーキのおかげで、かなり安定して走行できるようになりました。
無理のないモーターパワーであれば完走も余裕でしょう。

お店で走らせていると他のレーサーと一緒に混走することがありますが
一緒に走らせていると "あるポイント" で減速してしまい、
相手との車間がどんどん離されていないでしょうか?

今回はその "あるポイント" の1つである「バンクアプローチ」について対処しますが、
その前に「バンクアプローチ」と「スロープセクション」の違いを見てみましょう。

名称未設定-1-01
「バンクアプローチ」と「スロープセクション」を横から見た図です。
※イメージ図です。実際の形状とは異なります。
平面からの進入時、「バンクアプローチ」の方は緩やかな円弧ですが、
「スロープセクション」は「バンクアプローチ」よりも少し急な円弧から上り坂が続きます。
同じ上り坂でも微妙に違うため、ブレーキが余計に当たっているという可能性があります。

1536645271coXnU89bPex2qtJ1536645211
基本的なブレーキは「バンクアプローチ」では当てずに「スロープセクション」で当てる
といった具合になるよう、取り付ける位置や高さを調整しましょう。
こうすることでバンクアプローチの抜けが良くなります。

コースの難易度によっては "ブレーキをわざとバンクアプローチで当てる" という場合や
"スロープセクションではブレーキを当てない" という調整を行います。



〜次回予告〜
いろいろ調整したので走らせましょう「ミニ四駆の魅力〜立体コース走行編・其の2〜」
IMG_3454c
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ