こんにちはっ!跳んでQですっ
はじまっておりますはじまっております2018年グランプリシリーズ
グランプリシリーズは、オリンピック、世界選手権と並ぶフィギュアスケート3大大会で
6ヵ国(アメリカ大会、カナダ大会、フィンランド大会、日本大会、ロシア大会、フランス大会)を
転戦するGPシリーズの成績上位6名のみがGPファイナルに進出し、世界一の座を争う大会です。
カナダのバンクーバーの最終大会(12月上旬)で世界一の選手が決まる予定です。

成績上位で最終のファイナルに進出できる日本選手を調べますと
羽生結弦選手宇野昌磨選手宮原知子選手はすでに決まっておりました



今回の大会では、新世代の女子若手選手も注目です


山下 真瑚(やましたまこ)選手/15歳
シリーズ第2戦のカナダ大会で銀メダルを獲得しました。
フリーは『蝶々夫人』。過去には浅田真央さんもこの蝶々夫人のプログラムを使用。
“顔とか表情は真央ちゃんをお手本にしている”とのことです。

白岩 優奈(しらいわゆうな)選手/16歳

荒川静香さんに憧れ、フィギュアスケートを始めました。しかし、フィギュアスケートを続けるには資金面で厳しい状況となり、クラウドファンディングで活動資金の支援を求めたことが話題になっています。これからの活躍を期待して支援してくださっていると思うので、応えられるように結果を出せるようにしたいと思います、と語っています。

紀平 梨花(きひらりか)選手/16歳
浅田真央さんに憧れ習得した、大技のトリプルアクセルを決めることができる選手です。
ジャンプの強さで、2022年の北京五輪も期待の星です。



海外では、平昌オリンピックで金メダルを獲得したアリーナ・ザキトワ選手(16歳)
最終ファイナル進出に決まっております。
世界ランキングの上位選手しか出場することができないグランプリシリーズ大会。
世界一の選手が誰になるか楽しみです

1543122336250
次世代選手の紹介を収集したおすすめ本。インタビュー記事も充実です


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ