こんにちは〜、跳んでQです
6月がきました。もう1年の半分なんですね〜。早い早いっ

最近の跳んでQは、気になるフィギュアスケート選手のプログラムをチェックし、
題材となった音楽や映画や本を調べたりして楽しんでいます。
それで知ったきっかけの一つが『ミス・サイゴン』という物語です。ご存知でしょうか?

※内容を知りたくない方はネタバレとなりますので、下記のあらすじにご注意下さい ↓


ベトナム戦争時代、戦争で家族を失った17歳キムは、
首都サイゴンへ逃げ、エンジニアが経営する売春宿「ドリームランド」で働くことになります。
キムは、最初の客として出会ったクリス(アメリカ兵)と恋に落ちます。

戦争が終わりをむかえようをする中、ジョン(クリスの友人)がサイゴンの陥落を警戒し、
クリスにアメリカの帰国を促します。
クリスはエンジニアに、キムを売春宿から解放するよう頼みこんだり、
トゥイ(キムの許嫁が現れ、激高となったり、大変な出来事が次々と起こります。
それでもクリスはキムをアメリカへ連れて行こうと懸命です。
しかし、混乱の中でキムは置き去りになってしまい、クリスのみ帰国、二人は離れ離れになります。

【そして3年後】
キムは、クリスが迎えに来ると信じて暮らしている中、クリスはアメリカでエレンと結婚しました。
出世したトゥイ(キムの許嫁)は、部下にエンジニア(売春宿の経営者)を探させます。
そして、キムにクリスとの間にできたタムという子供がいたことを発覚します。
トゥイは激高してタムを殺そうとし、キムは子供を守るためトゥイを銃で射殺します。
そしてタムを連れて逃げます。
アメリカに行くことを夢見ているエンジニアは、『子供を利用すればアメリカに行ける!
と考えます。エンジニアとキムとタムの3人は、バンコクへ向かいます。

クリスはジョン(友人)から、『キムは生きており、自分との間にできた子供もいる』
ことを知りました。妻のエレンにも話します。
バンコクにクリスが来ることを知ったキムは、ホテルに向かい会いにいくのですが、
エレンとばったり鉢合わせ。ショックながらも子供のことを思い
子供をアメリカに連れて帰ってほしい』と頼みます。
エレンは「自分との子供が欲しい」と断ります。
キムはその返答に激怒。キムが去った後に戻ってきたクリスは、エレンに
タムをバンコクに置いたまま支援だけする』ことを約束します。

キムは『タムをアメリカに行かせるためには自分が邪魔だ』と考え、銃で自らを撃ちます。
キムは倒れ込み、クリスの腕の中で息絶えます。

「蝶々夫人」となんとなく物語が似ているかなぁと思います。
「ミス・サイゴン」は、ミュージカルでとても人気があり、
2020年5月頃には、エンジニア役を市村正親さん、キム役を高畑充希さんで
帝国劇場にて上演予定です

333


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ