皆様、こんにちは。デトックス花ですー

今回は久しぶりに漫画をご紹介。
私は普段あまり少女漫画を読まないのですが、
今回ご紹介する漫画は学生時代に出会いまして、
それからもう何回も読むくらい大好きな話になります

最初に読んだ時は、勉強そっちのけでハマってしまいました

そんなわけで今回ご紹介するのはこちら。日渡早紀先生『ぼくの地球を守って』です。

IMG_3238

ストーリーはこんな感じです。
1991年、東京の高校に転入してきた坂口 亜梨子は、クラスメイトの小椋 迅八と
錦織 一成が交わす妖しい会話を立ち聞きしたのをキッカケに、2人が共有している
という夢“ムーン・ドリーム”の話を聞くことになる。ムーン・ドリームの中での2人は
それぞれ全くの別人、異星人の科学者であり、迅八は玉蘭、一成は槐という女性で、
他の5人の仲間と共に“Z=KK101”と呼ぶ月にある
異星人の施設“月基地”から地球を見守って暮らしているのだという。

その後、何かと亜梨子に絡んでくる隣家の7歳の少年小林 輪を預かった折に、
亜梨子は誤って彼をベランダから転落させてしまう。輪は奇跡的に軽傷で済んだが、
意識不明となり、亜梨子は回復を必死に願う。その祈りは強いテレパスとなり、
輪は前世の記憶と超能力-“サーチェス・パワー”に覚醒。
元気になった輪は「愛する亜梨子と婚約したい」と突拍子もない我儘を言って周囲を
困らせる一方、裏では“Sくん”を名乗り、土建屋(ヤクザ)の息子松平 タカシを脅して
タカシの親が施工する“東京タワー”改修工事にあるシステムを組み込ませようと強請る
など、深夜を中心に怪しい行動を人知れず繰り返すようになる。

その頃、亜梨子は、自身が金髪の美女木蓮で、褐色の肌の青年紫苑と地球が見える部屋
で仲睦まじく会話する夢を見る。短い夢ながら迅八と一成のムーン・ドリームとの共通点
を見出した亜梨子は、夢の2人の詳細な似顔絵と共に迅八達に話したところ、間違いなく
同じ夢だという結論に達する。ならば他の仲間、繻子蘭、柊、秋海棠、紫苑も現世に
存在するのではないかと考えた3人は、残る仲間を探している旨をオカルト雑誌の読者連絡欄
に投稿。程なく柊-土橋 大介と繻子蘭-国生 桜の夢を見る男女2人組から、連絡を受ける。
(wikipediaより)

とまあ、序盤はこんな感じです。
最初は前世の記憶があるって素敵、という軽い気持ちでみんな集まるのですが、
実は彼らの前世は月に取り残された人たちだったということが、
もう少し先で分かります。
彼らの前世が過ごしていた星々は星間戦争を繰り返しており、
彼らを月に残したまま、星ごと消滅してしまいます。
行き場所を失った彼らは地球に降りるか、それともこのまま月に残るか、
ということで意見が対立し、過激な思想を持つ人物を独房に入れたり、
言い争いを繰り返したりと精神的に追い詰められていきます。
そんな中、原因不明の病原菌が発生し、一人また一人と亡くなっていく。
こんなことなら地球に降りればよかった・・・と後悔を残しながら。

そんな強烈な記憶が徐々に蘇っていき、現在の自分が抱えている
この気持ちは今の自分のものなのか、それとも前世の自分のものなのか、
それが分からなくなっていき、主人公たちは苦悩します。

そんな過去の記憶に一番翻弄されるのが、7歳の少年小林 輪。
他のメンバーは全員高校生なのですが、彼だけが7歳で転生者となります。
まだ自我が確立していない子供なので、前世に影響されすぎて、次第に暴走していきます。
何故彼だけが、他のメンバーと【ほぼ同じ時期に死んだはずなのに】
歳が10年も離れているのか、それは仲間の裏切りがあったから。
じゃあ、なぜその仲間は彼を裏切ったのか?
そこにある深い人間ドラマと暗躍する輪くんの行動にハラハラして、
次はどうなるんだろう、と読み進める手が止まらない!です。本当に

過去と現在が複雑に絡み合う人間ドラマと、
ハラハラさせるSF的展開がとっても面白い作品ですので、
気になられた方は、是非一度読んでみてください

それでは今回はこの辺で。
ご清覧ありがとうございますー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ