サイドステーがないMSマシンの「中央」に
マスダンパーを装着するにはどうすれば良いのか。

ずばり、市販品でパーツがありませんので、何かで代用をすればいいわけです。
そんなことしていいの?と思うかもしれませんが、
ミニ四駆のレギュレーションには以下のように記載があります。

【1】競技車 6.改造
競技車を改造する場合は、以下のように規定します。ただしここに含まれない改造は、主催者の判断により参加を決定します。
・・・
2. 追加部品はタミヤ製のミニ四駆、ラジ四駆、ダンガン用パーツのみ認められます。
3. 部品の加工は、穴あけや切断など原形に追加工作を施すものに限り認められます。
・・・

(ミニ四駆公認競技会規則より抜粋)

市販品を説明書通りに取り付けるということ以外にも
レギュレーション内でパーツを加工して利用できるのです。

このおかげでミニ四駆1台1台に個性が出ることになりますので、
他のレーサーのマシンと似たようなものが出来上がるとしても
完全に一致するマシンに出会うことはほとんどありえないというわけです。

さて、早速サイドステーになるようなパーツを探してみたところ、
このようなパーツを発見しました。

IMG_0293c
これは何かというと「スーパーXシャーシ・FRPリヤローラーステー(税抜220円)」で、
もともとはスーパーXシャーシのためのパーツなのですが、
これを代用してサイドステーにしてしまうのです。

IMG_0297cc
ステーの端の穴に長めのビスとマスダンパーを装着します。
これだけでMSマシン用のサイドステーの完成です。取り付け方もとっても簡単。

IMG_0298c
マシンのフロント側に写真の用に配置をすればいいわけです。
こうすることでフロントタイヤのすぐ後ろ「中央」にマスダンパーを設置できます。

本当は「ザグリ加工」をする必要があるのですが、それはまた次の機会にご説明しましょう。


完成したのがこちら。しれっとステッカーも貼り直してかっこよくなりました。

IMG_0330c



〜次回予告〜
もはや定番のシャーシ加工「ミニ四駆の魅力〜バンパーレス編」
名称未設定-1
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ