皆さんこんにちは。長浜です。

先日、ある印刷物を見ていると画像にモアレが出ているものを発見しました。
モアレってご存知ですか?
干渉縞と呼ばれる物で、規則正しく並んだ線などがお互いに干渉しあって、別の模様を作り出す現象の事です。

円のモアレ.jpg

よく、テレビなどを見ていて細いストライプ模様の服の人が動くたびに、その模様が見づらい状況(う~ん、どう表現したら良いのでしょう。「モワっとした感じ?」)になっている時がありませんか?
上部画像のような感じの物がモアレです。

通常の印刷は、AMスクリーンといって、小さな網点を規則正しく並べて、その網点の大きさを変化させて色を表現させています。
カラー印刷の場合は、4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)の網点を並べる角度を変えて印刷しているのですが、画像がテレビの例の様にストライプ模様であったり、同心円や放射線状の物等、規則正しい模様の場合にモアレが発生する事があります。

昔は製版時(印刷する時に使う材料を作る行程)に、それを防止する対策(その部分だけ角度を変えて出していたり、ぼかして出力したり等)などを取っていたものですが、今は一括でデータ作成している場合が多く、モアレの発生件数も増えているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ