皆さんこんにちは。長浜です。

前回の時にもお話させていただいた通り、プリントビズでは、メールでの入稿(10MBまで)、Web入稿(100MBまで)、そしてFTP入稿(500MBまで)の通信による入稿手段と、郵送による入稿方法をご用意させて頂いています。

今回は、FTP入稿(500MBまで)について少しお話したいと思います。

FTPというのはFile Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)の略で、インターネットなどで、ファイルの転送を行うための通信規約です。
簡単に言うと、データ(ファイル)を送る為の通信の仕方と表現した方が分かり易いと思います。

FTPでデータを送受信するには、専用のアプリケーション(FTPクライアントソフト)が必要で、Windowsでよく使われる物として、FFFTP(フリーウエア)。
Macintoshでよく使われる物として、Fetch(シェアウエア)、Cyberduck(フリーウエア)等があります。

FTP_icon.jpg

それぞれ、表示の仕方等が違いますが、必要な入力項目等は皆同じなので、怖がらずに、一度使ってみる事をお勧めします。
FTP入稿の場合、プリントビズからメールが配信されます。そのメールにFTPホスト、ユーザID、パスワードが記載されていますので、下記の画像の部分に入力していただく事で接続でき、送信が可能になります。

Fetch_Gamen.jpg

尚、データを送信する前に、お願いしたい事は、データを1ファイルにして、圧縮して送信していただくという事です。

OneFile.jpg

Illustrator等でデータを作成した場合、リンクしている画像やファイルが数点あると思います。
それをひとつのフォルダにまとめていただいて、そのフォルダを圧縮していただき、データを1ファイルにするという事です。(その時のファイル名は半角英数字にして下さい)

少し、制約事項がありますが、それを守っていただければ、大容量のデータを簡単に送信して頂く事ができますので、FTP入稿での入稿もお試し下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ