こんにちは、杉山です。2月も最終週となりました。去年は、「飛騨・高山」や「東京ディズニーリゾート」へ卒業旅行に行き、遊び三昧の2月でした。卒業というと、旅行もそうですが、やはり皆でお揃いの記念品などはとても思い出に残りますよね!今回は記念品におすすめの商品をご紹介したいと思います!


私のおすすめの商品は、「P.P.製クリアホルダー印刷」です。




「P.P.製クリアホルダー印刷」のおすすめポイント!!


オフセット印刷のP.P.製クリアホルダー印刷1.フルカラー+ホワイト印刷であらゆるデザインに対応出来ます!

「クリアホルダーって半透明だから、せっかく記念写真をデザインしても透けちゃって見にくくならない?」とご不安の方!プリントビズでは、ホワイト印刷に対応しておりますので、カラーの下にホワイトインキをしいていただきますと、透過性を和らげることが出来ます。
※ホワイトデータ作成についてはこちらから


2.資料の整理や書類の保管・郵送と、実用性抜群!

記念品としてもらうものは、飾っておくより、毎日使えるものの方が嬉しいですよね?P.P.製クリアホルダーなら、実用性が高いので、色々な場面でお使いいただけます。そういう意味では、記念効果だけでなく、販促効果も抜群です!


3.持ち歩きに便利!

軽く、折り曲げに強い素材なので、鞄に入れても邪魔にならず、大切な書類が折れにくいです!また、電気絶縁性や耐薬品性にも優れています。



実際にプリントビズでも、卒業記念やクラブの大会記念、創立◯周年記念などに、P.P.製クリアホルダーを印刷された方もいらっしゃいます!配布後、好評だったそうで、今年度も作成することになったとの声もいただいております。大切な思い出を写真だけでなく、実用性のあるP.P.製クリアホルダーとして残してみませんか?





「P.P.製クリアホルダー」が出来るまで!!


そもそも、P.P.とは一体何の略なのでしょうか?

ポリプロピレンの略で、軽く、折り曲げに強く、丈夫で耐熱性・透明度・耐薬品性・電気絶縁性に優れている合成樹脂素材のことです。


フライヤー印刷・チラシ印刷にも強いUV印刷機そのポリプロピレンにUV印刷で絵柄を印刷します。(右の写真参照)UV印刷については、一度ブログでも取り上げているので、是非ご覧ください。→「UV印刷とは?」


そして、トムソン加工という型抜きの加工でクリアホルダーを開いた形にくりぬき、二ツ折をします。最後の仕上げに、下部を超音波圧着で溶着し、完成です!

もし、お手元にP.P.製クリアホルダーがあれば、一度ご覧下さい。裏の下部のガタガタしている部分が、超音波で圧着した部分です。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ