Excelのサイズの設定方法



印刷したい印刷物の縦・横の大きさを確認し、Excelのページ設定と合わせます。
(例:ExcelでA4縦(210mm×297mm)サイズの印刷物を作成する場合)

● Excelを起動し、新規作成をします。

● Excel内のメニューよりページ設定を開きます。(2003の場合は「ファイル」→「ページ設定」を選択。2007の場合は「ページレイアウト」→「ページ設定」を選択。)
ページ設定を開く


● 「ページ設定」の画面の中で「ページ」のタブを選び、「印刷の向き」で今回の向き(縦)を選択、「拡大縮小印刷」の部分は必ず「100%」に設定してください。
最後に「用紙サイズ」で「A4 210×297mm」を選び、右下の「OK」を選びます。
Excelで印刷の向き・サイズを選択する


Excelでの塗り足し作成について


Excelで作成されたデータはフチ無し印刷に必要な「塗り足し」を作成することが非常に困難です。フチ無し印刷をご希望される場合は、他のOfficeソフトをご使用をお勧めいたします。


Excelの印刷レイアウトの範囲


Excelの印刷レイアウトの範囲ページ設定をA4に設定すると、Excelの画面上にA4縦サイズを示す黒い点線が表示されました。これでどの範囲にレイアウトをすればよいかがわかるようになりました。


【ご注意点】この点線はExcelのセルの大きさによってズレが発生します。そのため、切れては困る文字やデザインはこの点線より少し離した内側に収めてください。



(情報提供:カスタマーサポート 西川、山本、石川)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
印刷通販のプリントビズ