PRINTBIZ 無料会員登録はこちら→もれなくすぐに使える1,000ptプレゼント

2022年賀状印刷早割キャンペーン10%OFF!

円形丸うちわ・紙うちわ

いれときマスク

@printbizjp

園芸部タイトル




こんにちは、トントロです。


こちらの天気はようやくの晴れ。

でも、まだちょと、どこか曇り空でスッキリしませんね〜。

ガーデニングするならこれぐらいが、ちょうど良いかもです。(^ω^)



こちらの写真は不知火の木です。
IMG_0259

デコポンの名称の方が聞き慣れているかもしれません。

北は関東までは地植えでも育てることが出来ます。

ある程度の寒さには耐えられますが、氷点下になるとちょと厳しいようです。

鉢植えでも育てることは出来ますので、-1℃を下回る地域では、

冬場は日の当たる部屋で育ててみるといいでしょう。

暖かくなれば外の日当たりのいい場所に出してあげてください。


IMG_0261
私が育てているデコポンは、只今、ゴルフボールの大きさよりも大きくなってます。

冬が楽しみです( ^ω^ ) 



デコポンは地植え、鉢植え、どちらでも育てることはできます。

初心者でも管理できる程度で、育てるのにそれほど難しくはありません。


先ほども申しましたように、お日様大好きな植物なので、

日当たりのいい場所で育ててあげるといいでしょう。

土は、水はけの良い土なら特になんでも構いません。


肥料は3月の春頃にしっかり行い、7月に追肥、11月に更に寒肥として与えます。



水やりは、地植えでは、よほどの日照り続きなどでない限りは放置で問題ありません。

鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷりあげます。乾かないうちにあげると根腐れを起こします。


春から夏の終わりごろまでは、柑橘系の天敵のアゲハチョウやハモグリバエなどに

葉を食べられて、油断すると魚の骨のように葉が無くなってしまったりします。

IMG_0265
 

他に、ハダニやカイガラムシ、カメムシなどの害虫も予防が必要です。

ホームセンターで、柑橘系、または、果樹用の殺虫剤が売られているので、

1本は準備しておくといいです。大体は春先から夏の終わりごろまでが勝負です。( ^ω^ )


頑張って、育てれば、冬場には美味しいみかんが食べられるかも〜♪

では、今日はここまでです。(^ω^)/




  #ガーデニング #デコポン #園芸  #観葉植物 #不知火 #害虫 #みかん
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック